スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サド侯爵夫人 ~東京グローブ座~
- 2008/10/26(Sun) -
夢に見続け、願い続け、生涯叶わぬコトと諦めきっていました。 その組み合わせが実現される、という。 加納さんと篠井さんが 同じ舞台に立たれる、という。 それも 母娘として。 それも 三島作品で!

三上さん活動以外は 遠征しない、と決めていましたが、こぅなったら 話は別(笑)。 しっかり行って参りました、東京グローブ座。(^_-)

いやぁ~~~、行って良かったですっ。 すんばらすぃ~♪

※ ここから ネタバレあります。

加納さんの 「いるよ~、こんなオバサン♪」 なママ(笑)。 別の人がしたら、もしかしたら もっとシュッとした冷たい 貴族貴族したママになったのでは? と想像するのだけど、さすが加納さん。 めっさ可愛い 愛すべきオバサンになっておられました。(^^) 好きだな~♪ ホント、愛すべきキャラだわ~♪

最後の (頑固さはあるものの) 体制の変化に考えを合わせて行ける順応性といい。 めちゃ [女]。 好きだ~♪

篠井さん演じる 娘は、可憐で華麗で華奢で。 まぁ、なんと美しいんでしょう?(^^)

しっかし、上手っ。 めっさ上手っ。 こりゃ凄いや、篠井さん(なんちゅー感想だ (-_-;)。

最後のトコは、さすが母娘だと思いました。 守ってきたものは違うように見せ続けて来たけど、同じ [血]は しっかり流れてて。 [計算しつくす]という 血。 いやぁ~、女、ですな。

お二人に絞って とりあえず 認めてみました。(^^;) 明日以降、またイロイロ舞台以外のコト書きます。(^_^;)



~ ここから追記 10/27 ~

”イロイロ書きます” なんて書いたものの、何を書こうとしていたんだろう?(^^;
”上京日記” は、別枠設けるし。   舞台観に行った時、”すっごく好きな役者さんたちを みかけた!” という、ミーハー丸出しのコトを 書こうとしていた気もする。   ん~~~。(=_=)    …んじゃ、それ書くべ?(^^;;

えっと。

新大久保に着いて、地図見ながら歩いていたら ”(花組芝居の) D介さん!?” な人を見かけた。   んが、記憶にあるD介さんよか 目が心もち大きい気がする。   なんか穏やかだし。   友人がいつか ”彼が通った後ろには (圧倒的な色気に悩殺された) 男女の屍の山が見えるようだわ” と(なんちゅーw) 言っていたけど、なんか とっても健康的だし。   ”違うよね~!” と独りごち、先へ進んだ。

んが、やっぱりD介さんだったみたい!   座長日記に書かれてたし。   そっかぁ~~~、こりゃ嬉しいぞ。   [百鬼夜行抄・2]観て以来、花組芝居さんの中で 一番気になり続けていた役者さんなのだ。   そんな役者さんと ”隙間 10cm” くらいのすれ違い方をしていたのだ。   おぉ~~~、これを喜ばずして どぉしましょ~♪(どんなミーハーや… =_=;)

あれから 数年経過しているし、新人さんだったのが 今じゃ メイン張る役者さんになってらっしゃるんだもんね。   雰囲気変わってて 当然っ。   うんうん、納得。


で、途中から ”同じトコ 行かれる?” て方を見つけ、その後について歩を進め 劇場へ。   到着し、何気な~く いま来た道を振り返ったら 二人後ろに ”な~んか 見たことある” な男の子が。   ”……(私が職場で)担当した子?” などと、ありえない事を 真面目に考え、記憶を遡っていて はっ!と気づいた。

Alan君じゃないか~!   [トーチソング・トリロジー(スズカツさん演出)] のAlan君(ハセヒロさん ファンサイト:ここ)。   あの時の私の嵌り方は凄かった(自分で言う・汗)。   ”浮気でなくて 本気(が二人:もちろん三上さんと)” と言ってたくらい。   実際、外見 Alan君が 私のツボですが。(^^;   [AOI/KOMACHI] だって東京に観に行ったくらいだもん。   そぉ言えば トーチソング、篠井さん目当てで観に行って Alan君に嵌ったんだった(遠い目)。

誰かを探しておられるのか 何度も目の前 ウロウロウロ。(^^;
よっぽど ”トーチソング も AOI も 素晴らしかったです!” と言おうとしたけど、オフで来られているんだし、と ぐっと我慢。   しっかし、ものすご~く可愛い男の子だった。   ”男の子” てのは、失礼かもしれないけど、あの ピュアさは ”男の人” とか ”男性” て表現では 合わないと思う。

舞台とか画像とかになると 大人びて見えるけど、”無垢” て言葉が ピッタリ来るような子だった。   Alanのイメージ そのまんま。   かなり感動。   わたし、Alanのキャラ 好きだったの。   Alan君、女形 しないかな~。   細身だし、化粧栄えする顔立ちだし。   演技力も めちゃあるし、いぃと思うんだけど(勝手に・汗)。   ぢつは、座席も結構近かったのだ(自慢…になるのか?)。

舞台上では 加納さんと篠井さん。   客席にはAlan君。   道中(笑)、D介さん。   ありえない位に ”私的 贅沢空間(mens編)” を過ごせたのでありました。   …て、どんだけ ミーハーよ?(汗)
この記事のURL | 舞台・映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<東京日帰り | メイン | IYEMON SALON(烏丸三条)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://adorermika.blog51.fc2.com/tb.php/605-08829f4a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。