スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大阪シンフォニカー交響楽団 第54回 名曲コンサート
- 2008/10/13(Mon) -
~ ザ・シンフォニーホール ~      関西元気文化圏参加事業

【指揮】  寺岡 清高
【ヴァイオリン】  前橋 汀子
【管弦楽】  大阪シンフォニカー交響楽団

【演目】
1. O.ニコライ  : 歌劇 「ウィンザーの陽気な女房たち」 序曲
2. M.ブルッフ  : ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26
   --- 休憩 ---
3. F.メンデルスゾーン : 交響曲 第3番 イ短調 作品56 「スコットランド」


今日は 耳に音楽が残っている…というのは無かったのだけれど、コンサート後 自分の中の濁りのようなものが 抜け落ちた感じがした。   雨水が地中を通って浄化され、綺麗な湧き水になりました、て感じ(分かりにくい? ^^;)。   すごいな。

1曲目の ニコライ氏は、ウィーンフィルを創立した人だそうな。   こりゃすごい。   2曲目のヴァイオリンの前橋氏は、私がかなり若い頃wから 第一線で活躍されていた人で。   でも、演奏をお聞きしたのは初めて。   かなり感動。   3曲目の 「スコットランド」 は、(行ったことないけど)風景が浮かぶようで。

作曲される人・演奏される人の イメージ力って、本当にすごいと思う。   これは 音楽に限らず、いつも思うけど。   自分が感じたことを 別の形に表現しなおせる、て 本当に素晴らしいコト。   そぅ思える作品に出会えるのは とても幸せ。


久し振りに会った友と ↓ お茶しながら あれこれ話す。   私は プーアル茶。   グラス、2重になっているので、持つ時 ちぃとも熱くない。   こりゃいぃな。   今は進む道が違ってるけど、抱えている重さは 結構似てて。   しんどいけど、がんばろ と改めて思えた。   有難いコト。

20081013155403.jpg


帰りにヨドバシへ行き、skype用に カメラとマイクをget。   かなり以前 チャレンジして うまく行かず 放っていたのだけど、また やってみようかな、という気になったため。   今度はうまく行きますように。   あ…背後、綺麗にしておかなくては(大汗)。
この記事のURL | 音楽 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<七人の筆侍 ~大阪・平和紙業ペーパーボイス~ | メイン | ペナント終了>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://adorermika.blog51.fc2.com/tb.php/562-a65580c6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。