スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ファミちゃん、ありがとね♪   ~布引ハーブ園・関西空港 ~
- 2007/10/31(Wed) -
平成9年4月。
父が大病を患い、10分前後の歩行も 電車に乗るコトも もぅムリかも と思って、足代わりに購入した ファミリアセダン。   運転免許は持っていたけれど、路上教習が ホンッとに恐くて、絶対に 実生活で車は持たないつもりだったのに(笑)。   どぅしてファミリア? というと、当時 ”スニーカー” というキャッチで、運転しやすい大きさだ と思ったから。   実際、まさしく スニーカーのようだった。   とても気楽で快適な車。

10年。   父母の体調が悪い時期をフォローし、私の仕事の先が見えない頃 色んな地域に一緒に出向いた車。   うちのホンッとに大変な時期を 支え続けてくれた車。   そんな家族みたいな車が 今日を最後に役目を終える。   もぅ 中古車市場にも出回らないらしい。   つまり廃車。   死んで行っちゃうみたいだ。   ありがとね、今まで ホントにありがとね。


ということで、”記念に♪” と、車で 芦屋にある 京料理・たか木 に昼食をとりに行った。   車が食事をするワケでは ナイのだけれど(笑)。   コレについては 後日。   家族との食事は、大抵 の~~~んびり取ることはナイのだけど、ここでは 時間がうんとあるから、色んなコト・・・思い出話等々もした。   祖父母や 伯父や伯母や・・・数十年前、のんびり生きていた頃みたいに、色んな話をした。

”このまま帰るのもね~” と、少しだけ西側にある 布引ハーブ園に行くコトにした。   ここは わたしのお気に入りの場所。   いつか両親を 連れてきてあげたい、と思っていたから、丁度良かった。   車を新神戸オリエンタルの駐車場に止め、ゴンドラに乗って山頂へ。   結果は、大正解♪   大喜びしてくれた。(^^


帰り道、ガソリンがまだまだ残ってて。   ”まだ時間も そんなに遅くないから” と、高速を降りないで そのまま関空までドライブ。   その間にも ”そぉいえば、こんなコトもしたよね♪” と、車を通じての思い出話に花が咲いた。   ホンッとに色んなコトしたよな~。

ペットだった 赤カナリヤの調子が悪くなると(骨折したり 風邪を引いたり等々w) 高速飛ばして 川西にある ペットショップまで連れて行って、”入院” させたコトも度々あったし、”退院” で引き取りに行った時など、”病室w” にいる うちの子が 私たちの姿を見つけて 飛びついてきたり 等々。

”そぉ言えば、そぉ言えば” な、普段忘れていたような 温かなコトを沢山思い出し、運転しながら とってもいぃ時を過ごせた。   関空では ホテルでお茶。   ここにも何度も来たんだよね、この子に乗って。   色んな時期があったなぁ。

帰宅し、積んでいた物を全て降ろし、最後の掃除をし、丁寧に車庫入れした。   明日の午前中から ここには別の車が入る。   別の車だけど・・・番号は同じ。   ”二代目” だよ(笑)。

ありがとね。   ホントに ありがとね♪


 ↓ 布引ハーブ園 山頂の看板
fami-1.jpg


 ↓ 山頂へ向かう ゴンドラの中から
fami-2.jpg


 ↓ こんな感じで ひとつひとつのハーブに 分かりやすい解説があります
fami-3.jpg


 ↓ コスモスも満開♪
fami-4.jpg


 ↓ これから山を降りるところ。   夕方の神戸の景色。
fami-5.jpg


 ↓ ありがとね♪
fami.jpg


 ↓ 両親から ファミリアへの 感謝の花束(びっくりした・笑)
fami-0.jpg


この記事のURL | おでかけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<10月のまとめ | メイン | 準備着々>>
コメント
ね~
私が 車の代わりに受け取ったんだけど~。(^^ゞ
2007/11/01 22:41  | URL | パーシャ #-[ 編集] |  ▲ top

泣。
感謝の花束なんて~ヤルじゃね~かよ!感動だよ。v-406
2007/11/01 21:59  | URL | e嬢 #N6kp4qTg[ 編集] |  ▲ top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://adorermika.blog51.fc2.com/tb.php/196-51bd13b7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。