スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ありがとマンボウ
- 2011/10/26(Wed) -
失礼なタイトル書いちゃったけど。

どくとるマンボウ こと 北杜夫氏 が亡くなったそうだ。   小学高学年あたりから 氏のエッセイに嵌り、過去に出版されたものを ほとんど読んだ。   その後 たしか、10年以上 新しい作品が出版されるたびに求めていたと思う。

氏のエッセイに登場する 阿川弘之氏や 曽野綾子氏、遠藤周作氏 の事も気になり、諸氏のエッセイも買い求め、そこに 北氏の名前が登場すると、ニヤニヤしながら 読んだものだった。   飄々として 楽しく 温かな様子の 北氏が大好きだった。

どの本に書かれていたか 忘れたけれど、昆虫の ”ウスバカゲロウ (薄翅蜉蝣)” を当初 ”薄馬鹿下郎” だと思い、”なんと気の毒な名前を付けられた虫だろうか…” と心痛めていた、という話や、氏が 阪神タイガースファンで、TV観戦していて 体勢を変えた瞬間に (足を少し浮かした時に だったかな?) ヒットが出ると、”この体勢の時にヒットが出た!” と、その姿勢を崩せなくて 筋肉痛になる(違ったかな?・汗) とか。

いちいち細かくて ”わかる、わかる!” て事が山ほどあって、涙を流しながら 何度も読んだものだった。   ホントに楽しかったな~。   バンカラ学生時代の話も楽しくて、ちょっと真似してみたこともあった。   躁鬱病患者さんでいらしたそうだけど、氏が 躁状態 うつ状態 を使い分けて仕事しておられるのを見て(読んで)、それも悪くない なんて思ったこともあった。   私の青春そのもの て感じの作家さんだった。

そんな北氏が亡くなってしまった。   寂しい。   また読み返したい。   良い時代とともに北氏が去ってしまわれた。   どうぞ安らかにお休みください。   ありがとうございました。



そして今日 次男・次女仕事。   私がモチベーションを下げたら終わりだぞ、と自分に言い聞かせる(うん)。   頑張りすぎる必要は無いけれど、決して諦めないよう 気持ちを保とう。

おちび。   相変わらず 楽しげに頑張っている。   えらいな~、おちびなのに。   私も見習わねば。

不要物処分、昨日に引き続き行う。   やっと終わった~(ほっ)。   さぁまた次の片付け始めよう。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「物語の役割」 小川洋子さん
- 2011/01/06(Thu) -
moblog_e9a7a08c[1]


少し前から読んでいる 「博士の愛した数式」 の著者である小川洋子さんが書かれた「物語の役割」 という本。   過去の3度の講演を基に 3部構成で書かれている。   とても読みやすくて 詰めて読んだら 数時間で読み終えられると思う。   小川さんが小説を書かれる時の順番(というのかな?) とか、とても興味深い内容。

小川さんの本を読むと、人間(自分も含めて) が愛おしくなる。   大切に生きたいと思う。



午前中、恒例の年に一度の検診。   変わりない模様。   終わった足で おちびちゃん達の試験申し込みや 明日のおちび☆パーティ?準備の買出しに。   帰宅後、準備。   ”今年” も始まるなぁ。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本 「小惑星探査機 はやぶさの大冒険」
- 2010/12/17(Fri) -
20101206150801.jpg

「小惑星探査機 はやぶさの大冒険」 (山根さん公式サイト と amazonさん

 出版社 : マガジンハウス
 著者  :  山根一眞さん

少し前に読み終えていたけど、なかなか書けずにおりました。(^^ゞ

山根さんは ず~~~っと前から大好きで。   ビジュアルも大好きで。(^^ゞ   作品:「メタルカラーの時代」 は、もぅもぅ大好きでっ。

科学や工業のオハナシを ここまで楽しく書ける人、あんまりいないんじゃなかろうか と常々思っております。   ”ものづくり (研究開発)” する人々が ホンッとに大好きでいらっしゃるんだろうな~、てコトが ガンガン伝わってくるのです。   お人柄もよさそうですし。   品格がおありですし。   なので、山根さんの文章は とっても楽しい!   分かりやすくて読みやすいです。

久しぶりに 山根さんの公式サイトをチェックしたとき この本を書かれたコトを知り、”こりゃ 絶対読まなくちゃ!” と思ったのでした。   はやぶさも大好きですし。(^^ゞ


はじめにある、はやぶさ誕生の頃からの年表を見ているだけで、グッと胸に来るものがありました。   抱きしめてあげたいような愛おしさを感じさせますね、はやぶさ。   そんな はやぶさの生みの親達に 色んなメディアが注目する前から 単独で取材し続けて来られた山根さん。   なので、色んなエピソード満載です。   山根さん、好きだわ~。   色んな視点から捉えられた ”はやぶさの大冒険”。   ぜひっ♪ (感想じゃないのか? て?(^^ゞ)



タイトル以外のコト。
本日は、車の12ヵ月点検 → 歯医者さん(虫歯) → おちび仕事 でございました。   点検を待っている間、結構 雑務出来ました。   よかった、よかった。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ブレイブ・ストーリー』 宮部みゆき   角川書店
- 2007/10/04(Thu) -
大好きな作品ですっ。

200710043.jpg


物の増えるのが嫌で、かなり以前から 本も図書館で借り、よほど気に入ったものだけ 購入するようにしていました。   この本も 数年前に読み、大好きで 購入予定に入っていました。

本日、仕事の合間に立ち寄った 本屋さんの古本コーナーで発見。
とっても綺麗なのに、1/5価格になっていて。   嬉しくて、即ゲット。

パラパラ 読み返してみましたが、やっぱりいぃです。

自分の中には 認めたくない部分も 多く存在するけれど、そんなトコロも しっかり見つめ 向き合い、ドーンと受け止めよう。   そんな部分も自分なのだから。   と言うメッセージが 一番スキ。   そして、独りぼっちじゃ生きていけないんだよ、と言うメッセージも。

ずっとずっと 大切にしたい本の ひとつです。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。